未成年だけどコドモじゃない

  • スタッフ:
    原作:水波風南「未成年だけどコドモじゃない」(小学館) 、監督:英勉、脚本:保木本佳子、音楽:横山克
  • キャスト:
    中島健人(Sexy Zone)、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)
  • 公開日:
    2017年12月23日(土)
UPDATE

未成年だけどコドモじゃないあらすじ

 「未成年だけどコドモじゃない」は少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載された水波風南さんの人気マンガが原作。映画は、何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳(平祐奈さん)が、16歳の誕生日に親の一存で、学校イチのモテ男で香琳の初恋の相手・鶴木尚(中島健人さん)と結婚することに。香琳は幸せな結婚生活が始まるのだと信じて疑わなかったが、結婚した途端、尚は冷たい表情で「顔で結婚決めるような女、大っ嫌いなんだ」と言い放つ。尚にとってこの結婚は折山家の経済力を目的とした“愛のない結婚”だった。そんな中、2人の結婚が、香琳の幼なじみの超金持ち・海老名五十鈴(知念侑李さん)に知られてしまう。香琳に思いを寄せる五十鈴は、尚に離婚するように迫り、香琳にプロポーズする……というストーリー。

スタッフ

原作:水波風南「未成年だけどコドモじゃない」(小学館) 、監督:英勉、脚本:保木本佳子、音楽:横山克

未成年だけどコドモじゃないキャスト

中島健人(Sexy Zone)、平祐奈、知念侑李(Hey! Say! JUMP)

主題歌

Hey! Say! JUMP「White Love」

未成年だけどコドモじゃない公開日

2017年12月23日(土)

<初日舞台あいさつ>セクゾ中島健人、小学生時代の写真公開で大照れ 平祐奈は「脚長い。ゴッドだ!」

映画「未成年だけどコドモじゃない」の初日舞台あいさつに登場した平祐奈さん
映画「未成年だけどコドモじゃない」の初日舞台あいさつに登場した平祐奈さん

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんが12月23日、東京都内で開かれた主演映画「未成年だけどコドモじゃない(みせコド)」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)の初日舞台あいさつに登場した。タイトルにちなみ、中島さんが小学生時代の写真をスクリーンで公開すると、共演の平祐奈さんは「脚が長い!」「ゴッドだ!」「(ポーズが)決まってるわー」と大絶賛。写真がアップにされると、中島さんは「アップにするな。俺をいじるな」と大照れだった。

 舞台あいさつには、英監督も出席。中島さんについて英監督は「健人君は座長としても良いやつ。自分(の出番)が終わっても帰らないしね。撮休(撮影をしない日)でもスイーツを持ってくるんです」と明かすと、平さんも「(スイーツが)おいしかったです」と感謝。中島さんは「(現場を)見ていたいんですよ」と明かしていた。

 この日はイチゴサイダーの“シャンパンタワー”で公開を祝福したほか、「Hey! Say! JUMP」の知念侑李さんのサプライズムービーも公開された。中島さんは「クリスマス・イブ・イブというすてきな日に、映画を見ていただいて幸せ。キャストやスタッフと共に力と愛を込めてつくった作品です。みせコド愛を皆さんに広めてほしい」とアピールしていた。

 映画は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載された水波風南さんのマンガが原作。お嬢様の折山香琳(平さん)が、16歳の誕生日に親の一存で、初恋の相手・鶴木尚(中島さん)と結婚するが、“愛のない結婚”だった。それでも香琳は、振り向いてもらおうと奮闘するが、幼なじみの超金持ち・海老名五十鈴(知念さん)に結婚を知られてしまい……というストーリー。

未成年だけどコドモじゃない
未成年だけどコドモじゃない
未成年だけどコドモじゃない
未成年だけどコドモじゃない
未成年だけどコドモじゃない
未成年だけどコドモじゃない

<映画紹介>「未成年だけどコドモじゃない」中島健人&知念侑李演じるイケメン2人とヒロイン平祐奈が三角関係に

映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館

 水波風南さんのマンガ「未成年だけどコドモじゃない」を、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演で実写化した映画「未成年だけどコドモじゃない」(英勉監督)が12月23日からTOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)ほかで公開。原作は少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載された。高校生ながらヒロインと結婚する文武両道の男子と、誕生日に突然結婚することになったヒロイン、ヒロインに思い寄せる幼なじみとの三角関係を描く。

 成績優秀でスポーツ万能な学校一のイケメン・鶴木尚(中島さん)に一目ぼれした世間知らずのお嬢様・折山香琳(平祐奈さん)は16歳の誕生日、両親から尚との結婚をプレゼントされる。尚との新婚生活に心ときめかせる香琳だったが、尚から「顔で結婚決めるような女」は嫌いだと言われてしまう。自分のことを振り向かせようと家事や勉強にいそしむ香琳に、尚も少しずつ心を開いていくが、ある日、香琳に思いを寄せる海老名五十鈴(知念侑李さん)に結婚がばれてしまい……というストーリー。

 まともに話したことすらないのに、それぞれの事情で結婚することになった高校生カップルという特殊な世界観は、そのあり得なさを大いに利用した演出が秀逸。思わずクスッとさせられた。特に平さん演じる香琳の天真らんまんで、どこまでもポジティブなぶっ飛んだお嬢様ぶりが、すがすがしくもキュート。尚と香琳の自宅場面は、腹を抱えて笑いつつ、キュンキュンしてしまう。純粋に楽しめるラブコメだが、「人生の幸せってなんだろう」と少し考えさせられた。

映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」の一場面 (C)2017 「みせコド」製作委員会(C)2012 水波風南/小学館

「未成年だけどコドモじゃない」実写映画公開記念 “青とピンク”の婚姻届が登場

「未成年だけどコドモじゃない」描き下ろし婚姻届の「鶴木尚&折山香琳 ver.」
「未成年だけどコドモじゃない」描き下ろし婚姻届の「鶴木尚&折山香琳 ver.」

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演で実写映画化される人気マンガ「未成年だけどコドモじゃない」(みせコド)の婚姻届が、登場した。映画の公開(23日から)を記念し、原作者の水波風南さんが描き下ろした婚姻届で、“青バージョン”と“ピンクバージョン”がある。

 「描き下ろし婚姻届」は、青を基調にし た「鶴木尚&折山香琳 ver.」と、ピンクを基調にした「海老名五十鈴&折山香琳 ver.」の 2 種類を用意。8日から全国の書店で順次実施される「みせコドキャンペーン」対象店舗でコミックスを購入すると入手できる。

未成年だけどコドモじゃない
未成年だけどコドモじゃない

「未成年だけどコドモじゃない」完全新作が「Sho-Comi」に掲載 完結から5年後が舞台

「未成年だけどコドモじゃない」の新作読み切りが掲載される「Sho-Comi」2018年1号
「未成年だけどコドモじゃない」の新作読み切りが掲載される「Sho-Comi」2018年1号

 2016年に完結した水波風南さんの人気マンガ「未成年だけどコドモじゃない」の完全新作が、12月5日発売の少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)2018年1号に掲載された。人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演の実写映画が23日に公開されることを記念した読み切りで、最終回から5年後を描いている。同号には、映画キャスト陣の撮り下ろしピンナップが付属する。

 「未成年だけどコドモじゃない」は、何不自由なく育てられたお嬢様の香琳が、16歳の誕生日に父親の一存で突然、結婚することに。駄々をこねる香琳だったが、結婚相手は初恋の人である鶴木先輩だった……というストーリー。実写映画では、香琳を平祐奈さん、鶴木を中島さんが演じる。

中島健人、主演映画「みせコド」がクランクアップ 平祐奈は感涙

映画「未成年だけどコドモじゃない」のクランクアップを迎えた平祐奈さん (C)2017 「みせコド」製作委員会 (C)2012 水波風南/小学館
映画「未成年だけどコドモじゃない」のクランクアップを迎えた平祐奈さん (C)2017 「みせコド」製作委員会 (C)2012 水波風南/小学館

 人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さんの主演映画「未成年だけどコドモじゃない(みせコド)」(英勉監督)がこのほど、クランクアップを迎えた。中島さんは「全体的にキラキララブコメディーで、とても華やかな作品に仕上がっていますが、知念(侑李)君と対峙(たいじ)するシーンでは骨太な部分を表現できたと思っています」と撮影を振り返り、「きっとこの作品が公開される冬、結婚ブームが来てくれるのではないかと思っています!」と思いを語った。

 最後のあいさつで涙ぐんだという平さんは、「毎日が新鮮でした。香琳として本当に毎日楽しくお芝居をさせていただき、英監督はじめ皆さんが毎日笑顔で、たくさん支えていただきました。思い返してみても、本当にあっという間だと感じるくらい、楽しくて最高の現場でした」とコメント。知念さんは「とても楽しかったです! もう少し撮影したいくらい寂しいです。僕はクランクアップにふさわしいシーンで終わることができたので、やりきった気持ち」と語った。

平祐奈、純白ドレスの“花嫁姿”を初披露

映画「未成年だけどコドモじゃない」に出演する平祐奈さん
映画「未成年だけどコドモじゃない」に出演する平祐奈さん

 女優の平祐奈さんが出演する、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演の映画「未成年だけどコドモじゃない」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、12月23日公開)のビジュアルが7月27日、公開され、自身初のウエディングドレス姿を披露している。平さんは髪に大きなバラを差し、デコルテと袖の部分がシースルーになった可愛らしい純白のドレスを着こなしている。

 「未成年だけどコドモじゃない」は少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載された水波風南さんの同名人気マンガが原作。何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳(平さん)が、16歳の誕生日に親の一存で、学校イチのモテ男で初恋の相手・鶴木尚(中島さん)と結婚するが、折山家の経済力を目的とした“愛のない結婚”でしかなかった尚からは「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」と冷たい表情で言い放たれてしまう。そんな中、2人の結婚が、香琳の幼なじみの超金持ち・海老名五十鈴(知念侑李さん)に知られ、香琳に思いを寄せる五十鈴は、尚に離婚するように迫り、香琳にプロポーズする……というストーリー。

 また、映画の特報映像も公開され、映像では「16歳の誕生日プレゼントは、俺との結婚」という中島さんのナレーションから始まり、中島さん、平さん、知念さんの制服姿やタキシード、ドレス姿などが登場する。特報映像は28日から全国の劇場で流されるほか、映画の公式サイトでビジュアルとともに見ることができる。

中島健人、知念侑李と映画初共演 ヒロインは平祐奈 「未成年だけどコドモじゃない」実写化

映画「未成年だけどコドモじゃない」のイメージ画像 (C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
映画「未成年だけどコドモじゃない」のイメージ画像 (C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会

 水波風南さんの人気少女マンガ「未成年だけどコドモじゃない」が、人気グループ「Sexy Zone」の中島健人さん主演で実写映画化されることが6月15日、明らかになった。中島さんが主人公の鶴木尚(なお)を演じるほか、ヒロインの折山香琳(かりん)役で平祐奈さん、2人と三角関係を繰り広げる海老名五十鈴(いすず)役で「Hey! Say! JUMP」の知念侑李さんが出演することも発表された。中島さんと知念さんは映画初共演となる。

 「未成年だけどコドモじゃない」は少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で連載された水波さんのマンガ。映画は、何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳が、16歳の誕生日に親の一存で、学校イチのモテ男で香琳の初恋の相手・鶴木尚と結婚することに。香琳は幸せな結婚生活が始まるのだと信じて疑わなかったが、結婚した途端、尚は冷たい表情で「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」と言い放つ。尚にとってこの結婚は折山家の経済力を目的とした“愛のない結婚”だった。そんな中、2人の結婚が、香琳の幼なじみの超金持ち・海老名五十鈴に知られてしまう。香琳に思いを寄せる五十鈴は、尚に離婚するように迫り、香琳にプロポーズする……という内容。「ハンサム★スーツ」や「ヒロイン失格」などの英勉監督がメガホンを取る。

 演じる役について、中島さんは「尚は学園イチの王子様のようで、実はすごく人間らしいキャラクターです。裏表がハッキリしている性格なので香琳に冷たく接しますが、ふいに優しくなる温かい表情を分かりやすく演じられたらと思います」と話し、知念さんとの共演については「知念君は、僕が初めて出演したドラマ以来の共演なのでワクワクが止まりません。五十鈴と対峙(たいじ)するときは尚らしく精いっぱいぶつかれたらなと思います」と話している。

 知念さんは「原作を読んで思ったのが、尚より『五十鈴の方がカッコいい』でした。自分というものがあって、ブレないカッコいい美少年を演じるのは勇気がいりますが、原作で感じたカッコよさをしっかり表現し、健人に負けないように頑張りたいと思います」と意気込み、「共演するお二人はどちらも2度目になりますが、健人とは中学生以来の共演となるので、大人になった2人の掛け合いを楽しみたいと思います」とコメントしてる。

 また、同作でウエディングドレス姿を初披露するという平さんは、姉で女優の平愛梨さんが今年結婚したことから「今回、初めてウエディングドレスを着ますが、お姉ちゃんと同じタイミングで、しかも18歳で着られるとは思わなかったです」と話している。

 映画「未成年だけどコドモじゃない」は12月23日公開。

映画「未成年だけどコドモじゃない」のイメージ画像 (C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
映画「未成年だけどコドモじゃない」のイメージ画像 (C)水波風南/小学館 (C)2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会
7

/7

目次