ママレード・ボーイ

  • スタッフ:
    原作:吉住渉「ママレード・ボーイ」(集英社)、監督:廣木隆一、脚本:浅野妙子
  • キャスト:
    桜井日奈子▽吉沢亮▽佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)▽谷原章介▽中山美穂▽檀れい▽筒井道隆▽優希美青
  • 公開日:
    2018年4月27日公開
UPDATE

ママレード・ボーイあらすじ

 映画「ママレード・ボーイ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という大人気マンガが原作。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいく光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

 実写映画では、光希を桜井日奈子さん、遊を吉沢亮さんが演じる。「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」などの廣木隆一監督がメガホンをとり、フジテレビ系の連続ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」などの浅野妙子さんが脚本を担当する。

スタッフ

原作:吉住渉「ママレード・ボーイ」(集英社)、監督:廣木隆一、脚本:浅野妙子

ママレード・ボーイキャスト

桜井日奈子▽吉沢亮▽佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS)▽谷原章介▽中山美穂▽檀れい▽筒井道隆▽優希美青

主題歌

GReeeeN(グリーン)「恋」

ママレード・ボーイ公開日

2018年4月27日公開

桜井日奈子、母親からの手紙に感涙 吉沢亮はハンカチ手渡す <公開記念舞台あいさつ>

映画「ママレード・ボーイ」の公開記念舞台あいさつで涙する桜井日奈子さん(右)とハンカチを渡す吉沢亮さん
映画「ママレード・ボーイ」の公開記念舞台あいさつで涙する桜井日奈子さん(右)とハンカチを渡す吉沢亮さん

 女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんが4月28日、東京都内で行われたダブル主演映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督)の公開記念舞台あいさつに出席。今作が映画初主演の桜井さんに、サプライズで桜井さんの母親からの手紙が披露される一幕があり、桜井さんは「ずるいですね、これは……」と涙を見せた。

 舞台上で母親からの「経験全てが財産だと思って、あなたが主役の人生を精いっぱい輝いて歩いてくださいね。いつも心はそばに……応援しています」というメッセージが読み上げられると、桜井さんは「こういう舞台あいさつで涙している方をニュースで見るんですけど、私だったら泣かないと思っていたんですけど、ずるいですね、これは……」と感涙。目を赤くする桜井さんに吉沢さんがすかさずハンカチを手渡すと、桜井さんは「ごめんなさい、洗って返します」と語って、笑いを誘っていた。

 また、桜井さんと吉沢さんに、原作者の吉住渉さんから、2人を描いたイラストとメッセージがサプライズでプレゼントされた。「日奈子ちゃんの(演じた小石川)光希が大好きです。本当に可愛かった!」というメッセージが代読されると、桜井さんは「公開されてこういうことを言うのもどうかと思うんですけど、どこかで自信がない自分もいたので、『先生、本当にありがとうございます』という気持ちです」とにっこり。

 吉沢さんには「(松浦)遊になってくれてありがとう!演技とてもすてきでした」というメッセージが届き、吉沢さんは「伝説的な少女コミックスでファンの方も多くて、どうしたっていろんな意見があると思うんですけど、原作を作った方がこう言ってくれると、ありがたいですね……」と感激していた。

 この日のイベントには、中山美穂さん、谷原章介さん、筒井道隆さん、佐藤大樹さん、優希美青さん、廣木監督も出席した。

 映画は、吉住さんがマンガ誌「りぼん」に1992~95年に連載した大人気マンガが原作。光希(桜井さん)と遊(吉沢さん)は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人で奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。

<映画レビュー>「ママレード・ボーイ」桜井日奈子と吉沢亮のW主演 思わぬ展開で幅広い年代に響く恋愛物語 4月27日公開

映画「ママレード・ボーイ」の一場面 (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」の一場面 (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 吉住渉さんの原作で、25年読み継がれてきた大ヒット少女マンガを映画化した「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督)が、2018年4月27日から公開される。両親がパートナーチェンジして再婚したことで一つ屋根の下で暮らすことになった男女の高校生のラブストーリー。桜井日奈子さんと吉沢亮さんのフレッシュな顔ぶれでダブル主演している。2人の恋物語に両親の関係も絡み、思わぬ展開にドキドキして目が離せない。

 高校生の小石川光希(桜井さん)は、両親(筒井道隆さん、檀れいさん)が離婚し、旅先で知り合った夫婦(谷原章介さん、中山美穂さん)とパートナーチェンジする形で再婚することに反発していた。相手の息子・松浦遊(吉沢さん)も含めて、6人で同居生活することになった。遊が光希の高校に転入し、家と学校で一緒の時間を過ごすうちに次第にひかれていく。遊は家族にまつわるある秘密を知ってしまう……という展開。

 フワフワした少女マンガの夢の世界から、登場人物が少しずつ現実の壁にぶつかっていくさまが丁寧につづられている。一家6人が食卓を囲むシーンでは、光希と遊の恋の予感だけでなく、両親のストーリーが絡まる後半をも予感させ、それぞれのキャラクターが際立っていた。片思い、禁断の恋、過去の恋……さまざまな恋の要素が盛り込まれ、若い世代から親の世代まで、幅広い年代に響きそうな物語だ。

 桜井さんと吉沢さんは共に「ラストコップ THE MOVIE」(2017年)に出演したが、本格的な共演は初めて。光希の親友、茗子役を優希美青さん、光希に片思いする銀太役をEXILEの佐藤大樹さんが演じ、それぞれ鮮烈な印象を残している。

 「ストロボ・エッジ」(15年)の廣木監督が映画化。6人が暮らすママレード色の家は、撮影のために住宅地の中に建てた4LDKの一軒家。撮影現場を訪れた原作の吉住さんを感動させたという、こだわり抜いた内装やインテリアにも注目。脚本は「今日、恋をはじめます」(12年)の浅野妙子さん。主題歌はGReeeenの「恋」。(キョーコ/フリーライター)

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
ママレード・ボーイ
出典:YouTube

桜井日奈子、吉沢亮の前で思わずおなかが鳴ってしまい… 「ママレード・ボーイ」本編映像公開

映画「ママレード・ボーイ」の場面写真(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」の場面写真(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)の本編映像が4月23日、公開された。

 今回公開された映像は、松浦遊(吉沢さん)がパンを切るシーンからスタート。キッチンにやってきた小石川光希(桜井さん)が「おいしそう」と話すと、遊は「得意なんだよね、ホワイトシチュー」と答える。遊に「おなかは(すいている)?」と聞かれた光希は、「すいています」と答えると思わずおなかが鳴ってしまい、遊は笑みをこぼす……という内容。廣木監督は、「何気ないシーンをしっかり描きたかった。日常にキュンとしてもらいたいと思ったんです」とこだわりを明かしている。

 映画は、吉住さんがマンガ誌「りぼん」(集英社)に1992~95年に連載した人気マンガが原作。光希と遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人で奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
ママレード・ボーイ
出典:YouTube

桜井日奈子、吉沢亮&佐藤大樹と女子大サプライズ訪問 大歓声に圧倒「パワーがすごい…」 <女子大イベント>

映画「ママレード・ボーイ」のPRイベントに出席した桜井日奈子さん
映画「ママレード・ボーイ」のPRイベントに出席した桜井日奈子さん

 女優の桜井日奈子さんが4月20日、東京・実践女子大学で行われた映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督)のイベントに出席した。桜井さんは、共演の俳優の吉沢亮さん、ダンスパフォーマンスグループ「FANTASTICS」のリーダーで「EXILE」のメンバーの佐藤大樹さんと約400人の女子大生の前にサプライズで登場。「ワー!」「キャー!」「可愛い!」と歓声を受けると「ワーっていうのが初めてで緊張します。パワーがすごいですね」と圧倒されていた。

 イベントは4月20日の「女子大の日」にちなみ、同所で開催。映画のポスターでは、吉沢さんが右手で桜井さんの肩を抱き寄せ、左手で桜井さんの口を指で押さえるポーズを披露しており、この日のイベントでは吉沢さんと佐藤さんが、参加した女子大生2人と、映画のポスタービジュアルと同様に密着ポーズで記念撮影しようとすると、会場は悲鳴に包まれていた。

 また、イベントでは参加者に「理想のデート」について聞くコーナーもあり、女子大生が「お台場でデートして、観覧車に乗った」と明かすと、司会者が「観覧車に乗って、そこで……?」と突っ込むと、吉沢さんと佐藤さんは「良からぬことをしているな!」「よこしまなことをしているな!」と興奮していた。

 映画は、吉住渉さんがマンガ誌「りぼん」に1992~95年に連載し、シリーズ累計発行部数約1000万部を誇る人気マンガが原作で、桜井さんと吉沢さんのダブル主演。小石川光希(桜井さん)と松浦遊(吉沢さん)は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人で奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2018年4月27日から公開。

ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
出典:YouTube
ママレード・ボーイ
出典:YouTube
ママレード・ボーイ
出典:YouTube

國府田マリ子がナレーション アニメ版「ママレード・ボーイ」やマンガの名シーンが詰まった紹介映像

ママレード・ボーイ
出典:YouTube

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)の紹介映像が4月20日、公開された。映像には原作マンガやアニメ版の名シーンが登場し、ナレーションはアニメ版で主人公・光希の声優を務めた國府田マリ子さんが担当している。

 「ママレード・ボーイ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という人気マンガ。主人公の小石川光希(桜井さん)と松浦遊(吉沢さん)は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

 映像は、原作マンガやアニメ版の名シーンを交えながら同作を紹介する内容で、國府田さんのナレーションとともにアニメ版の主題歌も流れる。映画を鑑賞した観客らの「原作が大好き」「キュンキュンしました」といったコメントが紹介されるほか、名シーンの一つである遊と光希の保健室でのキスシーンが、原作マンガ、アニメ版、映画版の3パターンで登場する。

桜井日奈子、役作りでロングヘアばっさり「憧れだった」 観客に可愛く謝る場面も <名古屋舞台あいさつ>

名古屋市内で映画「ママレード・ボーイ」の舞台あいさつに登場した桜井日奈子さん
名古屋市内で映画「ママレード・ボーイ」の舞台あいさつに登場した桜井日奈子さん

 “岡山の奇跡”と話題のモデルで女優の桜井日奈子さんが4月12日、名古屋市内で行われた映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)の舞台あいさつに登場した。劇中で髪を切るシーンで、実際にロングヘアをばっさりカットし、ショートボブになった桜井さんは「本当に切りました。役で髪を変えるのは、初めての経験だったし、憧れだったので、思い切って切っちゃいました」と笑顔を見せた。

 「ほかの芸能人の方が『役で金髪にしました』と(言っているのを)聞くと、ちょっとうらやましいなと思っていました。(夢が)かないました」とにっこり。髪を切るシーンは、自身が演じた小石川光希にとって「決意を固めて、前に進まなきゃというシーンだった」と振り返った。

 また「遊が現実にいたら好きになるか」と聞かれると、「(好きに)なりますね。完璧なルックスで、中身がずるい。直接は優しくないけど困っている時に背中を押すような言葉をかけてくれたり……。好きにならない女性はいないんじゃないかな」とコメント。桜井さんはこの日、女子高生を含む観客から“モテモテ”で、時折、観客に手を振り返し、ほかのキャストらが不在だったことから「私1人しかいなくてごめんなさい」と可愛く謝る場面もあった。

 映画は、吉住渉さんがマンガ誌「りぼん」に1992~95年に連載し、シリーズ累計発行部数約1000万部を誇る人気マンガが原作。小石川光希(桜井さん)と松浦遊(吉沢亮さん)は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人で奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。

ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ

「ママレード・ボーイ」アニメ版声優の國府田マリ子、置鮎龍太郎から絶賛コメント 吉沢亮の「色気半端ない」

アニメ「ママレード・ボーイ」で小石川光希の声優を務めた國府田マリ子さん(左)と松浦遊役の置鮎龍太郎さん
アニメ「ママレード・ボーイ」で小石川光希の声優を務めた國府田マリ子さん(左)と松浦遊役の置鮎龍太郎さん

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化した映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)に、アニメ版で同作に声優を務めた國府田マリ子さんと置鮎龍太郎さんが4月11日、コメントを寄せた。吉沢さん演じる松浦遊の声優を担当した置鮎さんは、「吉沢亮さん演じる松浦遊君は、複雑な家庭環境ゆえ、素直になり切れない彼のミステリアスな部分の表現が絶妙で、何より色気が半端ないのですよ」と絶賛した。

 桜井さん演じる小石川光希の声優を担当した國府田さんは、「アニメ遊役の置鮎龍太郎くんと『実写で描くとこうなるんだね』と感激しました」と明かし、「自分の感情をストレートに遊にぶつける桜井日奈子さん演じる光希。遊が別れを告げた時の『やだあ! やだやだやだやだ……やだあ!』その声、全身からあふれる遊への思いが、切なく心に焼きつきました」とコメントを寄せている。

 アニメ版を制作した東映アニメーションの関弘美プロデューサー、連載していた少女マンガ誌「りぼん」(集英社)の冨重実也編集長のコメントも公開された。関プロデューサーは「アニメ化から何年もたっているはずなのに、このトキメキに変わりがないのは、ひとえに、吉住渉の原作マンガが描く『恋愛の普遍性』によるところが大きいのだと再認識しました」といい、「青春恋愛映画の王道、ここに極まれり!」とコメント。冨重編集長は映画について「原作の大事な要素とおいしい場面をバッチリ詰め込んだ見事な構成! 昔、『りぼん』で読んだ時にページをめくってドキドキした気持ちが、今度は映画館のスクリーンからよみがえりますよ!」とメッセージを送っている。

 「ママレード・ボーイ」は、「りぼん」に1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という大人気マンガ。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

 國府田さん、置鮎さんらのコメントは以下の通り。

 ◇國府田さんのコメント

 実写版ママレード・ボーイは、マンガともアニメともまた違う世界観を奏でるすてきな映画でした。アニメ遊役の置鮎龍太郎くんと「実写で描くとこうなるんだね」と感激しました。自分の感情をストレートに遊にぶつける桜井日奈子さん演じる光希。遊が別れを告げた時の「やだあ! やだやだやだやだ……やだあ!」その声、全身からあふれる遊への思いが、切なく心に焼きつきました。出てくるすべての登場人物を応援したくなる、そんな映画です。「ママレード・ボーイ」を知っている方も知らない方にも、ぜひ見てもらいたいです。

 ◇置鮎さんのコメント

 原作の奇抜な設定をどのように料理するか楽しみでしたが、なかなかの真っ向勝負! 潔い! それでいて、甘酸っぱい♪ こんな青春してみたい、がつまってますね。自分のTwitter(ツイッター)でも触れたのですが、吉沢亮さん演じる松浦遊君は、複雑な家庭環境ゆえ、素直になりきれない彼のミステリアスな部分の表現が絶妙で、何より色気が半端ないのですよ。劇場スクリーンでのドアップが本当にヤバい。老若男女キュンキュンすること、間違いなし! 情緒的な音楽や懐かしいメロディーも、ドラマ性を生かす要素としてかなり大切な位置付けになってますね。撮影のために、街中にお家一軒建てたと知ったら、セットにも目がくぎ付け! 注目ポイント満載ですよ!

 ◇関プロデューサーのコメント

 遊役の吉沢君が涙するとき、なぜか、いい年した立派なおばさんの私も胸がキュンとしました……。アニメ化から何年もたっているはずなのに、このトキメキに変わりがないのは、ひとえに、吉住渉の原作マンガが描く「恋愛の普遍性」によるところが大きいのだと再認識しました。光希の笑顔、泣き顔、遊を追いかける視線……遊のクールさ、優しさ、荒れた冬の海を見つめる横顔……小倉の町並み、京都の嵐電、クラシックな下宿……両親’Sの配役の妙……青春恋愛映画の王道、ここに極まれり!

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

「ママレード・ボーイ」主題歌MV解禁で「遊が撮影する光希の姿」初公開 桜井日奈子のボブヘア姿も

ママレード・ボーイ
出典:YouTube

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)の主題歌ミュージックビデオ(MV)が4月10日、公開された。 4人組ボーカルグループ「GReeeeN」が歌う主題歌「恋」とともに、桜井さん演じる光希と吉沢さん演じる遊が徐々に距離を縮める様子が映し出され、終盤には初公開となる「遊が撮影する光希の姿」も登場する。

 主題歌MVは、原作の名シーンでもある、保健室での光希と遊のキスシーンから始まる。その後、2人が徐々に距離を縮めていく様子や、はしゃぎながらじゃれ合う姿などが映し出され、光希と遊が涙を流す切ないシーンも登場する。また、MVの終盤に遊が撮影する無邪気な光希の姿も収録。ロングヘアをばっさり切り、ボブヘアになった光希の楽しげな表情が映し出される。

 「ママレード・ボーイ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という大人気マンガ。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

桜井日奈子&吉沢亮、密着に女性ファン悲鳴 「ママレード・ボーイ」ポスター完全再現 「TGC2018S/S」

「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER」に登場した桜井日奈子さん(左)と吉沢亮さん
「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション 2018 SPRING/SUMMER」に登場した桜井日奈子さん(左)と吉沢亮さん

 大型ファッションイベント「マイナビ presents 第26回 東京ガールズコレクション(TGC) 2018 SPRING/SUMMER」が3月31日、横浜アリーナ(横浜市港北区)で開催され、映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)でダブル主演を務める女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんが登場した。

 2人はランウエーを仲良く歩き、吉沢さんが桜井さんの肩を抱いて密着。そのまま桜井さんの唇に指を当て、映画のポスタービジュアルを完全再現すると、客席の女性ファンから悲鳴のような歓声が上がった。

 桜井さんは「緊張しました。足が震えていました」と振り返り、吉沢さんは「日奈子ちゃんが裏で『緊張する、緊張する』って言っていたので、大丈夫かなって思ったのですが、温かい声援をいただけて楽しめました」と爽やかな笑顔を見せていた。

 「ママレード・ボーイ」は、吉住渉さんが少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載し、シリーズ累計で約1000万部を発行している人気マンガ。主人公の光希と遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始める。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。桜井さんが小石川光希、吉沢さんが松浦遊を演じる。

ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
出典:YouTube

吉沢亮、桜井日奈子にキュンキュン 「妖精みたい」 <「ママレード・ボーイ」完成披露試写会>

映画「ママレード・ボーイ」の完成披露試写会に登場した桜井日奈子さん(右)と吉沢亮さん
映画「ママレード・ボーイ」の完成披露試写会に登場した桜井日奈子さん(右)と吉沢亮さん

 俳優の吉沢亮さんが3月21日、東京都内で行われた、映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)の完成披露試写会に登場。映画でダブル主演を務めた、女優の桜井日奈子さんの印象について聞かれた吉沢さんは「ずっとキュンキュンしていました。彼女の人類じゃない感というか、ちょっと精霊感がある。妖精みたいなんですよ」と明かした。

 さらに、吉沢さんは「でも一緒にやるとノリも良いし面白いし、人間的なんですよね。雰囲気は妖精、中身は人間。親しみやすい女性で、現場で笑わせてもらいました」とコメント。桜井さんは“妖精のような雰囲気”について「(自覚は)なかったです。服ですかね」と自身のふわっとした白いドレスを指したが、吉沢さんは「服とかじゃないんですよね。トータルが妖精なんですよね。見た目から来る雰囲気です。ちょっと近寄りがたいというか……」と力説していた。

 「ママレード・ボーイ」は、吉住渉さんが少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載し、シリーズ累計で約1000万部を発行している人気マンガで、2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。映画は主人公の小石川光希(桜井さん)と松浦遊(吉沢さん)が、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始め、徐々に共同生活になじんでいった光希は遊に引かれ始めていく……というストーリー。

 この日のイベントには共演の中山美穂さん、檀れいさん、谷原章介さん、筒井道隆さん、佐藤大樹さん、優希美青さん、廣木監督も登場。司会は日本テレビの青木源太アナウンサーが務めた。

ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ
ママレード・ボーイ

実写映画「ママレード・ボーイ」の前売り特典ビジュアル公開 制服姿の光希と遊のクリアファイル

映画「ママレード・ボーイ」の前売り特典のビジュアル (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」の前売り特典のビジュアル (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)の前売り特典のビジュアルが3月2日、公開された。公開されたのは「劇場限定特製クリアファイル付きムビチケカード」のビジュアルで、桜井さん演じる光希と、吉沢さん演じる遊が制服姿でほほ笑んでいる。

 劇場限定特製クリアファイル付きムビチケカードは一般が1400円、小人が900円。クリアファイルはA4サイズで、一般券、小人券、それぞれ1枚につき同じクリアファイル1点が付く。3日から全国の上映予定劇場(一部を除く)で販売される。

光希と遊がキス寸前…実写映画「ママレード・ボーイ」の本予告公開 亜梨実、三輪先輩役のキャストも発表

ママレード・ボーイ
出典:YouTube

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)の本予告が2月23日、公開された。本予告では光希(桜井さん)と遊(吉沢さん)の学校生活や共同生活の様子が描かれるほか、光希と遊のキス寸前のシーンも登場する。

 併せて追加キャストも発表された。遊が抱えている秘密の鍵を握る先輩・三輪悟史役を藤原季節さん、遊の“元カノ”の鈴木亜梨実役を遠藤新菜さん、光希の親友・茗子と禁断の恋をする名村慎一役を竹財輝之助さん、三輪悟史の父親・三輪由充役を寺脇康文さんが演じる。

 「ママレード・ボーイ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という大人気マンガ。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

 本予告では、共に暮らすことになった光希と遊が徐々に引かれ合う様子や、光希が遊から突然「光希ごめん。特別な感情がなくなった」と告げられるシーンが映し出されている。また茗子(優希美青さん)や、光希の幼なじみの銀太(佐藤大樹さん)らも登場する。音楽ユニット「GReeeeN」の手がけた主題歌「恋」の音源も初公開されている。

映画「ママレード・ボーイ」のポスタービジュアル (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」のポスタービジュアル (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

「ママレード・ボーイ」実写映画主題歌をGReeeeNが担当

映画「ママレード・ボーイ」のビジュアル(上段)と主題歌を担当する「GReeeeN」(下段)(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」のビジュアル(上段)と主題歌を担当する「GReeeeN」(下段)(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)の主題歌を、人気音楽グループ「GReeeeN(グリーン)」が担当することが2月15日、分かった。書き下ろしの新曲「恋」で、4月11日にリリースされるGReeeeNの新アルバムに収録される。

 GReeeeNは「ママレード・ボーイの主人公たちも、永遠に愛を紡いでいくことを願いながら『恋』をしています。この曲を聴いていただいた皆さんも二人出会えたキセキに感謝して、そばにいる大切な人に、これからも気持ちを伝え続けようって思っていただけたらうれしいです!」とコメントを寄せている。

「ママレード・ボーイ」実写映画に優希美青が出演 光希の親友・茗子役

映画「ママレード・ボーイ」に出演する優希美青さん(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」に出演する優希美青さん(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 桜井日奈子さんと吉沢亮さんのダブル主演で人気少女マンガを実写化した映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)に、女優の優希美青さんが出演することが2月3日、分かった。優希さんは、桜井さん演じる小石川光希の親友・秋月茗子を演じる。

 優希さんは「最初に秋月茗子という役のお話をいただいた時は、『私が茗子!? 私でいいの!?』と本当にビックリしましたがすごくうれしくて、それから撮影まで待ち遠しくて待ち遠しくてたまらなかったです。それと同時に、とてつもない不安とプレッシャーに押しつぶされそうになりました」と役への思いを明かしている。

 また、「秋月茗子に出会い、初めて自分の壁にぶつかって悩みましたが、役者として大きく成長できた気がします。今この時期に、こんなにもすてきな役を大好きなキャストとスタッフの皆さんに囲まれて演じさせていただけたことに心から感謝しています。原作ファンの皆さんや、『ママレード・ボーイ』の公開を楽しみに待っていてくださる皆さんの期待を裏切らないように、私なりに精いっぱい頑張らせていただきました」と振り返っている。

 原作者の吉住渉さんは「優希さんは、演技力が高くて今後絶対伸びる人だから、というプロデューサーの推薦で出ていただくことになった方です。長身でウエーブヘアの原作の茗子と外見のイメージは少し違いますが、お会いして、落ち着いた雰囲気が茗子っぽいと思いました。名村先生との恋をどう演じてくださったのか、見るのが楽しみです」とコメントを寄せている。

EXILE/FANTASTICSの佐藤大樹が映画「ママレード・ボーイ」の銀太役!吉沢亮と恋のライバルに メーキング映像も公開

ママレード・ボーイ
出典:YouTube

 桜井日奈子さんと吉沢亮さんのダブル主演で人気少女マンガを実写化した映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)に、ダンスパフォーマンスグループ「FANTASTICS」のリーダーで「EXILE」の最年少メンバーの佐藤大樹さんが出演することが2月1日、分かった。佐藤さんは、桜井さん演じる小石川光希の幼なじみで、テニス部エースの須王銀太を演じる。銀太は、光希を巡って松浦遊(吉沢さん)と恋のライバルとなる役どころ。佐藤さんと吉沢さんが肩を組む姿を写したオフショット、場面写真、メーキング動画も公開された。

 メーキング動画には、佐藤さんがテニスシーンの練習をする姿や、制服姿で教室のシーンを撮影する模様などが収められている。佐藤さんのテニス指導を担当したレックテニススクールの冨塚拓彦さんは、「最初の練習で、レベルを見るためにまずボールを打ってもらいましたが、その運動能力に驚きました。ボールへの反応や身体の使い方はアスリートそのもの」と絶賛しており、撮影予定にはなかった試合のシーンが急きょ追加されたという。

 佐藤さんは、「銀太は、まっすぐでいちずで情熱もあるスポーツマンです。桜井さんは、積極的に話しかけてくれるし、作品を盛り上げようという気持ちが強く感じられる、本当にすてきな方だと思いました。吉沢君とは恋のライバル役ですが、現場でも時間があくたびに2人でたくさん練習したり、プライベートでは2人でご飯や温泉に行くほど仲良くなりました。ライバル役が吉沢君でよかったです!」と思いを語っている。

 原作者の吉住渉さんは、佐藤さんについて「爽やかで、ちょっとワンコっぽい感じ。猫っぽい吉沢さんの遊と好対照で、良いバランスなんじゃないかと思いました」とコメントを寄せている。

映画「ママレード・ボーイ」の須王銀太役の佐藤大樹さん(左)と松浦遊役の吉沢亮さん (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」の須王銀太役の佐藤大樹さん(左)と松浦遊役の吉沢亮さん (C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

映画「ママレード・ボーイ」“自由すぎる両親”に中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆の豪華な顔ぶれ

実写映画「ママレード・ボーイ」に出演する(後列左から)谷原章介さん、中山美穂さん、檀れいさん、筒井道隆さん(前列左から)吉沢亮さん、桜井日奈子さん(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
実写映画「ママレード・ボーイ」に出演する(後列左から)谷原章介さん、中山美穂さん、檀れいさん、筒井道隆さん(前列左から)吉沢亮さん、桜井日奈子さん(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 桜井日奈子さんと吉沢亮さんのダブル主演で人気少女マンガを実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、4月27日公開)に、女優の中山美穂さん、檀れいさん、俳優の谷原章介さん、筒井道隆さんが出演することが1月18日、明らかになった。桜井さん演じる主人公、小石川光希の母・留美は檀さん、父・仁は筒井さん、吉沢さん演じる松浦遊の母・千弥子は中山さん、要士は谷原さんが演じる。4人はそれぞれ初共演となる。

 「ママレード・ボーイ」は、吉住渉さんが少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載し、シリーズ累計で約1000万部を発行している人気マンガ。主人公の光希と遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始める。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

 中山さんは、檀さんらとの初共演について、「今まで初共演でもこんな気持ちになったことはないのに、撮影初日に、『あ! 知っている方たちだ!』と初めてそんな気持ちになりました。初共演の方と一緒にお芝居するというのは、緊張もするけれど、知っている方たちだからこそ分かるというか、とても不思議な関係で演技ができ、うれしかった」と話し、「この4人だから、両親Sというファンキーな設定にもかかわらず、大人としての空気が出せているのが楽しかったです」と語っている。

 マンガ連載を読んでいたという檀さんは「まさか20年以上たって、自分がこの映画に出られるとは思っていなかったので、オファーをいただいた際は、本当にびっくりしましたし、うれしかった」と振り返り、「両親がそれぞれパートナーチェンジして、年ごろの2人が同じ屋根の下で、いろんな思いを抱えながら、ぶつかり合ったり、引かれ合ったりしている。普通なら学校でしか会わない同級生が、同じ屋根の下、どうなっちゃうんだろうっていうドキドキとありえない設定だからこそのワクワク感がすごくありました」と、思い入れをコメント。

 谷原さんは「4人ともが初共演ですが、違和感というか、ギクシャク感もなく、もともとこういうふうにはまるようなパズルが四つそろったな、みたいな感じがします」と言い、「ありえない設定じゃないですか。ありえない設定だからこそ、主人公の2人が状況に翻弄(ほんろう)されて、心が揺れ動いて、強く引かれ合うと思うので、そこがやっぱりこの作品の一番の魅力なのかなって思います」と見どころを語っている。

 筒井さんは「僕も恋愛モノに何度か出演させてもらっていたので、親の目線から見るというのは楽しそうだなと思いました。(撮影中の今は)楽しく過ごしてます。主人公の2人を見てると恥ずかしいですね。あー、こういうこと、昔ドラマでしてきたな、みたいな。ちょっとむずがゆい感じもします(笑い)。両親たちを演じる僕たち4人はすごく年齢が離れているわけではないので、同じ世代を生きてきた空気感を感じました。その感覚が作品にも表れるといいなと思っています」と意気込みを語っている。

 桜井さんは「二家族全員がそろった初めてのシーンは、皆さんの放つオーラに息ができないくらいのパワーを感じましたが、撮影を重ねるごとに本当のパパとママのような温かい空気で包んでくださって、ずっと一緒にいたような気がしてきました」と語った。吉沢さんも「物語の中で最もキーとなる両親S(りょうしんズ)をこんなにすてきな皆さんが演じられると聞いたときは、正直びっくりしました」と話している。

 原作の吉住さんは「こんな豪華メンバーに、あのしょうがない(私は大好きなんですが!)両親Sを演じていただくことになるなんて、ありがたいやら申し訳ないやら……。撮影を見学させていただいたとき、あの4人が3Dになって、全く違和感なくそこに居るということが、何だか不思議で……でもとてもうれしく楽しい気持ちになりました」と、メッセージを寄せている。

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

実写映画「ママレード・ボーイ」の光希と遊のツーショット公開 原作者・吉住渉も絶賛

映画「ママレード・ボーイ」のビジュアル (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
映画「ママレード・ボーイ」のビジュアル (C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

 吉住渉さんの人気少女マンガを、女優の桜井日奈子さんと俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写化する映画「ママレード・ボーイ」(廣木隆一監督、2018年4月27日公開)のビジュアルが12月22日、公開された。桜井さん演じる小石川光希と、吉沢さん演じる松浦遊のツーショットで、吉沢さんは金髪姿を披露している。

 撮影現場には、原作者の吉住さんも見学に訪れたといい、吉住さんは「桜井さんの光希ちゃんは可愛いしか出てこないし、吉沢さんの遊くんはカッコよすぎて直視できない。ますます、映画が楽しみになりました」と話していたという。

 「ママレード・ボーイ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という大人気マンガ。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいった光希は、一緒に暮らす遊にひかれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会
(C)吉住渉/集英社(C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

「ママレード・ボーイ」桜井日奈子&吉沢亮W主演で実写映画化 2018年公開

映画「ママレード・ボーイ」でダブル主演を務める桜井日奈子さん(左)、吉沢亮さん
映画「ママレード・ボーイ」でダブル主演を務める桜井日奈子さん(左)、吉沢亮さん

 吉住渉さんの人気少女マンガ「ママレード・ボーイ」が、女優の桜井日奈子さん、俳優の吉沢亮さんのダブル主演で実写映画化されることが8月22日、明らかになった。

 「ママレード・ボーイ」は、少女マンガ誌「りぼん」(集英社)で1992~95年に連載され、シリーズ累計発行部数が約1000万部という大人気マンガ。主人公の小石川光希と松浦遊は、お互いの両親のダブル離婚とダブル再婚により、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた6人の奇妙な同居生活を始めることになる。初めは大反対だったが、徐々にその共同生活になじんでいく光希は、一緒に暮らす遊に引かれ始めていく……というストーリー。2013年から続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊マンガ誌「ココハナ」(同)で連載中。

 実写映画では、光希を桜井さん、遊を吉沢さんが演じる。「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」などの廣木隆一監督がメガホンをとり、フジテレビ系の連続ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」などの浅野妙子さんが脚本を担当する。

 桜井さんは「私が映画のヒロイン役? 本当のことなんだろうか? とまだ実感できていないのが正直な気持ちです」と明かし、「ヒロイン・小石川光希はとにかくピュアで、すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪形や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。そして、デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです。家族に翻弄(ほんろう)され、恋に悩み苦しむピュアでいちずな光希を全力で演じたいと思います」と意気込んでいる。

 また、吉沢さんは「今回のような“ドストレート”な二枚目(役)は初めてです。ついにこの顔面をフル活用するときが来たなと。90年代の恋愛の金字塔とも呼べる大人気コミックを今の若い世代で頑張って作り上げます」とコメントしている。映画「ママレード・ボーイ」は18年公開。

(C)吉住渉/集英社
(C)吉住渉/集英社
18

/18

目次